スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ←アツき応援クリック募集中!
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

■あの飲食店にリピートする理由・おまけ編

2006.11.09(22:30)
飲食店開業前に考える「なぜあの店になぜリピートするのか?」ちょっとくどいな、と思いつつ"おまけ"編です^^

念の為おさらいしておくと、今までに辿り着いたリピート要因は次の2つ。

【リピートを呼ぶ飲食店の要因 その1】
 個性・コンセプトに基づく「調和」が店独自の「雰囲気」を醸し、ある特定層の「感性」に訴えかけることによって
 リピートが起こる。
  (詳細はこちら⇒過去記事■ 飲食店のマーケティング・こんなリピート要因

【リピートを呼ぶ飲食店の要因 その2】
 その「雰囲気」を構成する核は「人」(=店員)であり、集う「人」(=お客さん)により強化される。
   (前回のポイント要約⇒過去記事 ■ 飲食店のマーケティング・あの店にリピートする理由 )

前回の記事に書きましたが、私はいただいたコメントを基にリピートについて考えるうち、
自分がいつの間にか、『小手先の手法に目が行っていた』ことに気付き、
『人』という、飲食店にとって、より本質的な要因に立ち返ることが出来たように思います。

「企業は人なり」「飲食店は人なり」と言うことは常識として知ってはいました。
でも、だからこそ、あまりに当然すぎて深く考えることができていなかった・・・(汗。

今回、頂いたコメントを契機として「自分で考えた結果」その結論に至れたこと・・・感謝!です。
そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・開業前でよかった^^

という訳で、今回は”おまけ編”として、当初私の考えていたリピート要因について書いてみます。
あくまで”おまけ”ですから、リラックスして気軽に考えてみます。

これは以前に書いた私がリピートする店のうち、特に
「雰囲気のあるバル(スペイン風居酒屋)」と
「ロフトのある本格派のバー」
に友人を連れて行った時の経験から導き出してみます。
(それぞれのお店の概要はこちら⇒■ 飲食店のコンセプトと集客方法

なぜなら、気に入っているお店には当然誰かを連れて行きますよねぇ。
私もそれぞれの店に友人を連れて行ったんですが、友人達が私と同じくリピートするのか?

そのあたりにヒントがあると考えたんです。で、私がリピートするお店、友人の反応は・・・

【雰囲気のあるバル】
 友人Aと2人で行ったんですが、気に入ってもらえたようで、後日、別の人とリピートしたそうです。
 で、店員さんと話こんで一人6千円も飲んだとか。(あの、単価3500円位の店なんですけど・・。)

【ロフトのある本格派バー】
 友人B,Cと3人で行ったんですが、B,C+別の人達4人でリピートしたそうです。
 で、友人Cが後日こっそりとこんな事を教えてくれました。

 『 みんなで飲んでいて「2件目に行こか!」となったたとき、Bが、
  「じゃ、俺の知ってる”いい店”があるから、そこに行こう!」
  って言うから、どこかな?って思ってたら、この前、君(=私)に教えてもらった店やった。
  さも常連のように、颯爽と2階のロフトに上がっていってたわ(笑 』


さて、これをどう捉えるか?

友人A,B,Cとも1回リピートしているだけで、「リピーター」かどうかは今後次第。

ただ、別の誰かを連れて行くという行動から見て、初回に満足感を得たことは間違いないでしょう。

で、ここからは私の独断と偏見に満ちた、個人的な考えです。

これらの店に共通する要因、それは・・・

「ギャップ」と「優越感」

私の考えはこうです。

この2件の店には”ギャップ”を感じさせる要因があります。

雰囲気バル/繁華街中心から外れた古い雑居ビル。いわゆる”隠れ家”風で、
「んー、こんな所にこんな雰囲気のいいお店があるとは!!」
というギャップ。

本格派バー/スナック街のど真ん中。1階のスタンディング・バーにたむろする年季の入ったオヤジ達の背中をすり抜け、急な階段を上がったロフト階は落着いたソファ席が。
「んー、このお店にこんな洒落た空間があるとは!!」
というギャップ。

下手な文章で伝わりにくいと思いますが、このギャップ、私には”刺さった”んです。

そう、あれです。
ギャップを感じてドキッとしたときに異性を好きになっちゃう、という理論です。

そして、「さも常連のように」という話からすると、そのギャップは友人達にも”刺さった”に違いない。

もちろんギャップだけで中身が無ければ話にはなりませんが、要因1.2.もしっかり押さえてる。

そうなると次はこんな風に思い始めます。

「”自分の店”にしたい。」
「こんなお店の常連さんである俺って、かっこいい・・・(やや陶酔^^)」

・・・それゆえリピートする。

まぁ、誤解を恐れず一言で言えば優越感。
ブランド物を身につけるのと似ているかもしれません。

友人達の気持ちまでは分かりませんが、恥ずかしながら私はそうでした。

んー、どうでしょうか?・・・外してますか?
まぁリラックス、リラックス。


要因1.2.が本質的なのに対して、この”おまけ”は入口論と言うべき内容。
かつ要因1.2.に比べて、対象が狭い。多分、同意される方も少ないでしょう。

しかし、それだからこそ「効く人には効く」のではないか、と思ってます。

最後までお読みいただきありがとうございます!店舗探しで20年ぶりに神頼み中の私にアツき1票を!⇒人気blogランキングへ
スポンサーサイト
人気blogランキングへ←アツき応援クリック募集中!
<<■ 飲食の店舗探しは慎重に・実践編 | ホームへ | ■飲食店のマーケティング・あの店にリピートする理由>>
コメント
やっぱ、サプライズがキーワードのようです。
サプライズを経験した人は、そのことを人に話さずにいられない…ですね。
応援クリックいたします。
【2006/11/10 11:56】 | 平川(父より息子への手紙/起業家応援ブログ) #qbIq4rIg | [edit]
こんにちは、西田です!
いつも訪問・コメントありがとうございます。
「ギャップ」と「優越感」もひとつのリピーターになる要因ですね!
いろんな要因があり、日々試行錯誤だと思いますが、頑張ってください!
応援しています。ぽちっと。

【2006/11/10 12:13】 | ゼロからの起業! #- | [edit]
ひろっちさん、こんにちわ。

>こんなお店の常連さんである俺って、かっこいい・・・。

これ、とてもわかります!
自分がそのお店の常連であることに酔いしれ、さらにそれを他の人にそんな自分を知ってもらいたい。この感情は誰もが持ってますよね。もちろん私も!
ん~、奥が深いですね。
次回、楽しみにしてます。
【2006/11/10 14:18】 | 幸せ成功哲学! ☆☆☆分かち合 #- | [edit]
ブログへのコメントありがとうございました。

美味しい料理と心地良い音楽、そんなお店が誕生することを心から願っております。
【2006/11/10 14:19】 | 佐野裕二 #- | [edit]
ひろっちさん、お疲れ様です!
優越感とギャップ…分かるよーな気がします。逆の場合を想定してみると…
『スンゴイ旨い絶品ラーメン屋が出来た』と言われて行ってみたら、ん?大した事ないじゃん!というケース?。掘っ立て小屋みたいな『おいおい大丈夫かぁ?』と思いつつ食べたら『お!イケルじゃん!』というケース?。実は?と?って同じラーメンだったとしても満足度は全然違うモノになってしまう気がします。広告屋をやってきたモノとしてはこの【期待値】をどの程度読者に持ってもらうかという事を気に掛けていました。
優越感については…まさに美人ママのいるスナックに友人を連れて行った時(笑)!以前から思っていたのですが、小さな飲食店の場合もっとフレンドリーな対応でいいような気がします。最近はどの飲食店に行っても同じマニュアルどうりの対応でツマラナイ。ビールを持ってきたら『お待たせしました』より、『今日も一日お疲れ様でした』と言ってニコッとされた方がはるかに気持ちがイイし、ビールもウマイ!ん?脱線してしまいました。。また遊びに来ます!
【2006/11/10 22:04】 | oikawa #- | [edit]
ちゃぐまです。いつもコメントありがとうございます!
ギャップですか。なるほど、深いですね。。。
わたしも確かに気に入ったお店は、入店したときの「おおっ!」という驚きがまずあるように思います。
ネットの商売でも通じるものがあるように思いました。勉強になりますね!
応援、ぽちっ^^
【2006/11/11 13:03】 | ちゃぐま #- | [edit]
はじめまして。私もこれから、近畿の片田舎で飲食店開業を予定しております者です。大変勉強になるお話、楽しく読み進めさせて頂きました。ありがとうございます。くれぐれもお体にはお気を付けて、体が資本ですw
ではまたお邪魔させてください!
【2006/11/12 09:17】 | OZ #- | [edit]
こんばんはー。大阪・神戸から帰ってきました。
「ギャップ」と「優越感」同感です。
あ、私そうかもって思いました。
私の場合は見た目が良い店とかは興味がないんですけどね。
【2006/11/12 23:03】 | パワフルウーマン #X5tjtOLc | [edit]
はじめまして!同じく飲食店開業を予定しています。リピーター獲得について深く考えさせられました。僕も今度リピーターについて考えてみたいと思います。
【2006/11/13 01:16】 | 小さな飲食店は僕らの居場所 #- | [edit]
ひろっちさん、こんにちは。
全然外してないですよ。
しかも「1」も「2」も「おまけ」も全部リンクしてます。
どれも大手が手を出せない領域ですモンね。
自分の後輩もわざと二等立地の雑居ビルばっかり出店して、ばんばん繁盛させてます。
【2006/11/13 11:57】 | てぃーぶちょう #- | [edit]
■平川さんへ
そうですね、やはりサプライズの演出、鍵になりそうです。
でもって”結果”もサプライズなら言うことなしなんですが^^

■西田さんへ
毎日が思考錯誤ですね。
最近はまたコンセプトについて、色々と考えてます。
またか・・・って感じですが^^

■NORIKENさんへ
確かに奥が深いですよね。
そしてリピーターが多い店も奥が深い^^
その深さを色として出せるかどうか?日々考え込んでます。

■佐野さんへ
わざわざご訪問、コメントありがとうございます。
また勉強にお伺いさせていただきます。

■oikawaさんへ
そうですか、広告関係のお仕事だったんですね!
ということはマーケティングなどは得意分野ですね!
「フレンドリー」も納得です。ターゲット層にもよると思いますが、上級テクですね。
【2006/11/13 15:34】 | ひろっち@呑助 #- | [edit]
■ちゃぐまさんへ
そうですね。
ただ「おおっ!」と思った瞬間に、期待値も上がってしまうので、その上で満足してもらえるのかどうか、が分かれ目でしょうね。
「おおっ!」⇒「なーんだ・・」にならないように・・・^^

■OZさんへ
初めまして。
拙い思考、文章ですが^^僅かでも何か楽しんでいただけたとしたら、ありがたいことです。
また遊びに来てください!
そしてお互い頑張りましょう!

■パワフルウーマンさんへ
神戸・大阪はどうでしたか?
パワフルウーマンさんに同意してもらうと、やる気が沸いてきます。
あと、やっぱり上級者の匂いがしますね>見た目が良い店とかは興味がない^^

■小さな飲食店は僕らの居場所さんへ
初めまして。
拙い思考、文章ですが^^僅かでも何か楽しんでいただけたとしたら、ありがたいことです。
「僕らの居場所」いいコンセプトですね。なんだかほっとするものを感じます。
お互い頑張りましょう!

■てぃーぶちょうさんへ
いやぁ、何だかほっとしました>全然外してない
そしてあやかりたいですね>二等立地の雑居ビルばっかり出店して、ばんばん繁盛
私の理想系なんですが、その勇気が私にあるかどうか?
よーく考えてみます。
【2006/11/13 15:45】 | ひろっち@呑助 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://inshokukaigyou.blog73.fc2.com/tb.php/48-75887082
| ホームへ |
飲食店開業
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。